Example

50万円での運用範囲 Operation range

広告予算50万円で運用する場合、予算内で最大限の成果を得られるよう媒体数を絞って運用することをおすすめしています。
商材にもよりますが、運用媒体数が増加すると1媒体にかけられる費用が少なくなり、日割り予算不足による機会損失が発生する可能性があります。

効果が見込める媒体に予算を集中させることで機会損失の発生を抑えられ、また素早くたくさんのデータを収集できるため、運用改善の効率を上げることができます。

50万円での実施例①

一つ目の実施例は、リスティング広告に絞って配信する方法です。

GoogleとYahoo!ではユーザー属性が多少異なるため、成果状況に応じて柔軟に予算配分の調整を実施。主要キーワードで出稿しつつ、検索クエリからキーワードの追加・削除を行います。

さらに状況に応じて検索広告向けリマーケティングや動的検索広告を活用することで、新たなキーワードの発掘や成約率の上昇などを狙います。

50万円での実施例②

二つ目の実施例は、商材に合わせて媒体をGoogle、Yahoo!のどちらかに絞って配信する方法です。

選択した媒体で検索広告とディスプレイ広告を活用。バナーなどを用いたディスプレイ広告の出稿割合を大きくすることで、準顕在層~潜在層のユーザーに対しての認知拡大を図ります。

さらにリターゲティング広告を活用することで、取りこぼしたユーザーに対して継続的に広告配信を行うなど、単価を抑えて多くのアクセスを獲得することを目指します。

お問い合わせは
こちら
Contact

ジオコードのWeb広告運用代行に興味をお持ちの方はお気軽にご相談ください。 お客さまの目的や広告運用状況に合わせて、当社のSEMコンサルタントが最適なWeb広告運用プランをご提案をいたします。

お電話でもお気軽にご連絡ください

03-6274-8081

営業時間 9:30 – 18:30(土・日・祝日は除く)

無料相談・お問い合わせ

電話番号

MENU CLOSE