Interview

ご契約中のお客様からの
お言葉をご紹介します
Introduction

パイオニア石油株式会社様
  • 会社名パイオニア石油株式会社 様
  • 業種自動車関連
  • 成果車検の問合わせ数が4倍に
  • 契約内容リスティング広告運用代行

Q:Webマーケティングを始める前の、会社の状況をお聞かせください

弊社がビジネスをしている石油関連業界は、昔から需要の先細りが予測されている業界でした。
自動車関連という広い観点で見ても、ディーラーさんをトップに業界のヒエラルキーが成り立っていて、ガソリンスタンドの位置づけは最下層に近いような状況です。

松山市で20年以上経営をしていますが、正直、毎年生き残るのに必死だったという感覚ですね。
だからこそ私としては「他がやらないことをやらないと勝ち残れない」と強く思っており、ずっと企業努力は続けていました。

例えば弊社のメインはガソリンの販売ですが、それ以外にも車のメンテナンスやパーツの販売など、新しい取り組みを積極的に行いました。 結果的には失敗も多かったですが、とにかく変化をしていかないと生き残れないという想いが強かったんです。

Q:Webマーケティングを実行してみようと思った理由はなんでしょうか

前述したようにとにかく企業努力を怠らないという考えがあったので、自社のサービス品質や営業力には元々自信がありました。現在のメインビジネスとなっている車検サービスですが、実は始めた当初は安売り合戦に巻き込まれていて上手くいかなかったんです。

それでも新聞に折り込みチラシを撒いて少ない反響を形にしようとトライしましたが、当時は10件の商談に対して1件成約になれば良い方でした。そこで「どうやったら商談成約率を上げられるか」を日々考えながら、徹底的に来店時の商談力、セールス力を自社努力で磨いていたんです。

同時に車検を受けていただいた方に満足いただけるようにサービス品質も常に努力を重ね、最終的にリピート率を8割超えまで引き上げるなど、顧客満足も大切な経営指標にしていました。

あとは”来店機会”さえ増えれば、売上が増えるはずだという確信があったんです。
その背景があったからこそ、ジオコードさんにWebマーケティングの実施をお願いしました。
ジオコードさんはWeb広告もSEO対策も、他社と比較して圧倒的な実績がある企業だと思ったので、安心して発注しました。

Q:Webマーケティングを実行してみた当初の反響はどうでしたか

正直、Web広告を出稿してから3か月間の反響は芳しくなかったです。
ただしそれは広告というものの特性上、そういうものだという理解がありました。
やはりWeb広告を見るという”認知”が起こった後に、他社と”比較”されて、お客様が”検討”し、その後に初めて来店につながりますから。一朝一夕には上手くいかないという理解はありました。

それでも3か月間我慢できたのは、やはり自社努力で磨いてきた商談力に自信を持っていたことが大きいですね。電話さえ鳴ってくれれば売上にできる自信があったので、ひたすら待ち続けたんです 笑
あとは広告出稿の初期段階で反響が無い時でも、ジオコードさんの説明が理にかなっており、結果がついてくるという確信が持てたことですね。

そして4か月目に入ってから、問い合わせが爆発的に増えました。
3か月間のうちに広告を配信しつづけたユーザーの比較・検討時期が明けたのか、来店フェーズになりどんどん電話が鳴り出したんです。これには正直驚きました。

Q:結果が出てからの変化をおしえてください

一番の変化としては、車検の受注が従来の4倍になったことですね。
今では同じエリアでビジネスをしている同業他社の中でも、あり得ないくらいの件数をサービス提供していると思います。またそれに伴ってスタッフの電話応対力が上がり、ますます受注力が上がりました。
電話がたくさんかかってくる状況でしたから、どんなご案内の仕方をすればお客様の満足に繋がるかというのを模索し、経験を積んでいけたんですね。

今では「電話の対応が最も丁寧で好感を持てた」という理由で発注いただけるお客様も増えています。
更に良い誤算だったのは、Webを見て問い合わせをした方はチラシなどよりも、格段に検討意欲が高いことでした。ホームページでサービス内容をよくご理解いただいた上でお電話を頂き、来店してもらえますから、想像以上に商談がスムーズに進むんです。全ての要因がプラスに働いた結果、今では10件の来店のうち9件は受注に繋がっています。従来では考えられない成果です!

そして最後に、何より嬉しい変化が起こりました!
当社スタッフのモチベーションが上がったんです。
受注件数が増え忙しくなり、以前には無かった”活気”が職場にみなぎっています。

Webでサービスをよく検討し、電話してみて、来店する。
「そして弊社のサービスが良い!」と思ってくれたお客様からのお仕事なので、その期待に応えたいと思うようになったんですね。更に業績が良ければ従業員にも還元できる仕組みも作れますし、非常に良いサイクルが回っていると思います。

Q:新型コロナウィルスの影響についてはいかがでしたか

新型コロナウィルスの影響については、第一回目の緊急事態宣言時はやはり売上にマイナス影響がありました。
しかしその後すぐにリカバリーしましたので、総じて影響は限定的でした。

そもそも弊社の場合はコロナがあったからWebマーケティングに取り組んだのではなく、コロナ前からWebマーケティングを強化していました。なので新しくWebマーケティングを始める会社よりも、仕組みや成功パターンが確立されていましたので、世の中のサービス需要が戻るのと同時にオンラインからの問い合わせも急速に回復しました。企業としての早めの取り組みが功を奏した感じで、本当によかったと思います。

また最近ではアフターコロナの景気対策として、松山市が商品券やキャッシュレス決済を通じたポイント還元の取り組みを推進しています。この取り組みは松山市内で今非常に注目されていて、即日商品券が売り切れるほどですが、弊社も早期にこの仕組みに目をつけてポイント還元対象の店舗となっていました。
そこにジオコードさんと一緒に行った、Webマーケティングでポイント訴求を強めた施策が的中しました。

ジオコードさんに広告用に作成いただいたバナーを横断幕に印刷し、店舗でもリアル顧客に訴求を行っております。

Q:弊社ジオコードに、今後期待することをお聞かせください

ジオコードさんのおかげで会社が変わったと、本当に思っています。
常に自社努力を怠らなかったことに自信はありますが、それをWebを通じて結果に結び付けてくれたのはジオコードさんの力が大きいです。常にWebのプロとしての見解を持ち、それをわかりやすく説明いただきながら施策を実施してもらい、今こうして結果が出ています。

今まで通りWebのプロとして、弊社のビジネスを支えていただきたいです。
一方でジオコードさんに全てを頼り切ったビジネスにするつもりもありません。
弊社のビジネスの主役はあくまで弊社ですから、弊社もこれまで以上に企業努力を続けます。

そしてそれをジオコードさんという素晴らしいパートナーに支えてもらう形で、お付き合いをしていきたいですね。例えば今後はフランチャイズ展開を通じてビジネスを拡大すると同時に、私と近い考えを持つ経営者さんを増やしていきたいと思っています。

その際もジオコードさんに支えてもらうことになると思います。
特に担当のHさんとSさんは弊社にとってとても大きな存在で、感謝しています。
引き続きサポートをよろしくお願いします。

Q:最後に、これからWebマーケティングの取り組みを加速させて行きたい企業様にアドバイスをお願いします

弊社の経験から言うのであれば「やってみてプラスになることはあれど、マイナスになることは無い」です。プラスというのはもちろん問い合わせが増えて売上が上がることが最も望ましいですが、仮に弊社のように我慢する時期があったとしても、それはマイナスではないんです。

例えばジオコードさんのような会社であれば、広告を配信するということ自体はしっかり対応してくれると思います。そして仮に広告を配信しても反響が無いようであれば、自社のサービスや商品がお客様にとって魅力的ではない可能性に気が付くことができます。

広告の配信をしてみたからこそ気が付けた課題を元に企業努力の方向性が見えれば、これはプラスであると言えます。良い結果も悪い結果も、とにかくやってみたからこそ結果がデータで返ってくる。
これがWebマーケティングの良いところですし、自社のサービスや商品を多くの方に知ってもらいたい!と考えるのであれば、現代社会ではWebこそ最も有効な施策です。是非、取り組んでみてほしいです。

ちなみに間違っても「広告を出せば勝手に売上が上がる」訳ではないことは理解しましょう。
ビジネスの主役は常に自社であり、自社サービスが常にお客様にとって魅力的であるように努力し続けること。その努力を通じて作り上げたサービスや商品があるからこそ、Webマーケティングを通じて多くのお客様の目に触れたときに魅力が伝わり、結果的に売上が拡大するということです。

お問い合わせは
こちら
Contact

ジオコードのWeb広告運用代行に興味をお持ちの方はお気軽にご相談ください。 お客さまの目的や広告運用状況に合わせて、当社のSEMコンサルタントが最適なWeb広告運用プランをご提案をいたします。

お電話でもお気軽にご連絡ください

03-6274-8081
06-6377-0395

営業時間 9:30 - 18:30(土・日・祝日は除く)

無料相談・お問い合わせ

電話番号

MENU CLOSE