HOME > 

WEB制作 > 

マーケティング

WEBで成功する5つの要素

  • POINT1 コンセプト
  • POINT2 マーケティング分析
  • POINT3 コンテンツ
  • POINT4 導線設計
  • POINT5 デザイン

WEBサイトに限らず、広告業界でよく言われる鉄則があります。「どう表現するかよりも、何を伝えるか」

往々にしてクリエイターはどう表現するかということに意識が向きがちですが重要なことはメッセージの内容「何を伝えるか」です。

WEBサイトも同じで、もちろんデザイン性も必要ですが、サイトを閲覧しているユーザーに対して、何を伝えるのかということが最も重要です。ユーザーが求めている情報と発信する内容がマッチした時にのみコンバージョンが生まれるからです。

また、ユーザーはリンクを辿ってアクセスしてきます。リンク先のコンテンツに対して期待感を持ってクリックしており、そのサイトに答えがあるかどうかを瞬間的に判断します。

サイトを見た時に、「自分向けのサイトではないな」と思われないようにすることが重要です。

WEBサイトを有効活用するためにも、訪れるユーザーの分析と、そのユーザーに対して何を伝えるべきなのかをしっかり考えましょう。

特にWEBサイトについては、オフラインの媒体と違い多数に向けてメッセージを発信するのではなく、ターゲットを絞込むことが重要です。
ユーザーごとに趣味嗜好は違いますので、誰もが好む平均的なものよりも、そのターゲットの趣味嗜好に合ったコンテンツを用意する方が効率がよくなります。

コンテンツや構成、デザインを決めるためにもまずターゲットを分析しましょう。

分析するべきこと

ターゲットは誰か(ペルソナ) なぜ自社を選んでくれるのか 競合サイトはどこか

ターゲットは誰か

マーケティングは顧客ありきです。マーケティングを考える上で、「顧客を知ること」を外すことはできません。自社のお客さんになる人はどういう人なのか。じっくり考えてみましょう。

ペルソナマーケティングというマーケティング手法があります。

ペルソナとは自社のターゲットとなる典型的なお客さんということです。通常年齢や性別、職業、年収だけじゃなく価値観やライフスタイル、家族構成、身体的特徴まで細かく設定します。

そのお客さん像に選ばれるような商品サービスを設計することをペルソナマーケティングといいます。

WEBサイトでも、自社のお客さんが気に入ってくれるポイントを強く表現することでコンバージョンしやすくなります。

なぜ自社を選んでくれるのか

選ばれる理由、それをUSPといいます。

これを理解せずにサイト制作を行うと、「デザインは新しくなったけど、売れない」ということに
なりかねません。

USPとは‥「Unique Selling Proposition」自社が持っている強みのことです。

情報取得が容易になった今や、ユーザーは実際に購入するまでに自分で比較検討します。

検索結果にも20サイトくらい競合サイトが表示されますよね。つまり、比較されることが前提なのです。

比較される以上、競合サイトと比べて優位な点がなければコンバージョンすることはありません。

自社のお客さんが何故自社を選んでくれるのか。
直接聞いたり、アンケートをとるなどして調査することをおすすめします。

競合サイトはどこか

また、訴求する自社の強みが定まったら、戦う市場とその市場にいる競合サイトを分析しましょう。

選ばれる理由、それをUSPといいます。

競合サイトの、商品、サービス内容の特徴だけでなく、サイトの使いやすさやわかりやすさ、コンテンツなどユーザーが検討する様々なポイントをチェックしましょう。

分析ができたら、いよいよコンテンツ内容を企画します。

コンテンツについて

WEBマーケティングのことならなんでもお気軽にご相談ください!!

メルマガ登録

  • 会社情報
  • 会社概要
  • 採用情報

社長ブログ

WEBマーケティング

SEO対策

ホームページ制作

リスティング広告

SFA・営業支援ツール

経費・交通費清算ツール

勤怠管理ツール

採用サイト

GEO-CODE facebook

  • 無料で診断してもらう