HOME > 

WEB制作 > 

サイト導線設計

WEBで成功する5つの要素

  • POINT1 コンセプト
  • POINT2 マーケティング分析
  • POINT3 コンテンツ
  • POINT4 導線設計
  • POINT5 デザイン

ポイントは成約率!

WEBマーケティングで売上を上げるために重要視すべきポイントは集客数よりも成約率になります。お金や労力をかけることでアクセスを集めることは誰にでも出来ます。しかし成約率が悪ければ穴の開いたバケツで水を汲むようなものです。

ではどうすれば成約率を高めることができるのでしょうか。

成約率を高める重要な要素の一つに導線設計があります。

イメージ

導線とは、WEBサイトに訪れたユーザーにどのようにサイトを見せ、どのように動いてほしいかというユーザーの動きのことを言います。

ユーザーが気になるコンテンツを見落とすことなく閲覧してもらい、成約まで効率よくストレスなく至ってもらうためにも導線設計は非常に重要な要素となります。

導線設計の要はユーザビリティにあり、ポイントは下記の3つです。

1. 見やすさ 2. わかりやすさ 3. 使いやすさ

見やすさ

マーケティング戦略を考えた際にターゲットのペルソナを設定したかと思います。
WEBサイトも広告と同じように誰に何を伝えるのかということはとても重要です。
ターゲットとなるユーザーにとって違和感がなく見やすいサイトにしましょう。

ターゲットとなるユーザーにとって違和感がなく見やすいサイトにしましょう。

わかりやすさ

ここでいうわかりやすさとは、ナビゲーションのことを指します。

イメージ

そのリンクの先に何があるのか期待感を持たせ、思わずクリックしてしまいたくなるような仕掛けを作るとユーザーをうまく誘導することができます。

よくグローバルナビゲーションがあるから大丈夫、と考える方もいますが、アクセス解析をしてみると案外クリックされていないのがグローバルナビゲーションです。
サイドメニューやコンテンツ下部にも成約ページに遷移できるリンクを設置しましょう。

また、人間工学的に、視線が集まりやすく見られやすい場所があります。
その場所にユーザーが決断するにあたり気になるコンテンツを設置するなどの

工夫が求められます。

使いやすさ

ユーザーはトップページからアクセスをするとは限りません。

いろいろなページからアクセスをしてきますし、トップページから入ってきたユーザーも様々なページへ遷移します。どのページで「その気」になるかはユーザー次第です。

どのページからも成約ページに遷移できるようにすることが重要です。

よくグローバルナビゲーションがあるから大丈夫、と考える方もいますが、アクセス解析をしてみると案外クリックされていないのがグローバルナビゲーションです。
サイドメニューやコンテンツ下部にも成約ページに遷移できるリンクを設置しましょう。

つまりは、ユーザーがストレスなく効率よくゴールに向かえるようなコンテンツの配置、ナビゲーションが重要になります。 しかし気をつけなければいけないことが、制作側の感覚とユーザーの感覚にズレがあることです。
制作者はWEBに慣れていますので、「使いやすい」と思っていても、ユーザーがそう感じていないことがよくあります。

ユーザビリティについては、アクセス解析やユーザーの声を集め、繰り返し検証をしていく必要があります。

WEBマーケティングのことならなんでもお気軽にご相談ください!!

メルマガ登録

  • 会社情報
  • 会社概要
  • 採用情報

社長ブログ

WEBマーケティング

SEO対策

ホームページ制作

リスティング広告

SFA・営業支援ツール

経費・交通費清算ツール

勤怠管理ツール

採用サイト

GEO-CODE facebook

  • 無料で診断してもらう